2017年12月13日(水)

米政府機関の閉鎖回避へ 議会、2週間つなぎ予算可決

トランプ政権
北米
2017/12/8 9:57
保存
共有
印刷
その他

 【ワシントン=鳳山太成】米連邦予算の期限切れを8日に控え、議会は7日に22日までのつなぎ予算を賛成多数で可決した。当面は政府機関の一部閉鎖を避けられる。今後は、与野党が2週間のうちに長期の予算措置で合意できるかが焦点となる。トランプ大統領と野党・民主党は移民政策などで厳しく対立しており、先行きは不透明だ。

つなぎ予算案の採決に先立ち、トランプ米大統領は与野党幹部と会談し協力を求めた(7日、ワシントン)=ロイター

つなぎ予算案の採決に先立ち、トランプ米大統領は与野党幹部と会談し協力を求めた(7日、ワシントン)=ロイター

 上下院は7日、それぞれつなぎ予算を可決した。トランプ氏の署名を経て成立する。与党・共和党は民主党と妥協点を探る時間を確保するため、とりあえず予算を2週間延ばして対応した。

 予算は22日に再び切れるため、それまでに長期の予算措置をまとめる必要がある。トランプ氏と与野党の議会指導部は7日、ホワイトハウスで会談し、予算の上限額に関する交渉に入ることで合意した。

 ただ、与野党の間には多くの対立点がある。民主党の上下院トップ、シューマー、ペロシ両院内総務は会談後の声明で、幼少期に親と一緒に米国へ不法入国した若者の在留を認める制度の存続を要求すると強調した。

 一方、トランプ氏と共和党の議会指導部は会談で、予算と移民政策を切り離して議論するよう求めた。これまでトランプ氏は「民主党は不法移民と犯罪を米国に入れようとしている」と強調。民主党の要求を拒否する考えを表している。

 2018会計年度(17年10月~18年9月)予算を巡っては、トランプ氏と民主党が9月、当面3カ月の暫定予算を組むことで合意した。この予算が8日に切れた場合、一部の政府機関が閉鎖に追い込まれる恐れがあった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

ドナルド・トランプ米国政府民主党



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報