2017年12月13日(水)

ガザからロケット弾発射 イスラエル軍が報復攻撃

エルサレム
中東・アフリカ
北米
2017/12/8 9:14
保存
共有
印刷
その他

 【エルサレム=共同】イスラエル軍によると、パレスチナ自治区ガザからイスラエルに向け7日夜、ロケット弾3発が発射された。うち1発はイスラエル南部で爆発、残りの2発はガザ内に落ちたとみられる。負傷者は確認されていない。イスラエル軍は、ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスの関連施設2カ所を、航空機と戦車を使って報復攻撃した。

 トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことを受け、ハマスの指導者ハニヤ氏が7日、インティファーダ(反イスラエル闘争)を呼び掛けるなど、双方の緊張が高まっている。

 ガザでは6、7の両日「首都認定」に抗議するデモがあり、負傷者も出た。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報