2017年12月16日(土)

認知症で事故、神戸市などが支援 家族の賠償負担軽減

地域総合
関西
社会
2017/12/7 23:49
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 認知症の高齢者らが事故やトラブルで損害賠償を求められることを想定し、一部の自治体で本人や家族を経済的に支援する動きが出てきた。神戸市は交通事故などを対象に上限3千万円程度の給付金を検討。神奈川県大和市は保険会社と契約し、鉄道事故などを起こした場合に最大3億円の賠償金を支払えるようにした。家族らの負担を軽くする取り組みに注目が集まっている。

 「家族の心理的負担を減らすべきだ」。神戸市の有識者会議は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

神戸市窪田充大和市厚生労働省JR東海



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報