2017年12月16日(土)

フィギュア

宇野2位発進、苦笑い 転倒・時間超過でも100点超え

平昌五輪
2017/12/8 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 最後のジャンプ、得意なはずのトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は着氷したと思ったら、エッジがすっぽ抜けて転倒。残った2つのスピンを必死で回って演技を終了すると、大型スクリーンに表示された演技時間は2分51秒、規定を1秒オーバーしていた。

 演技を終えた直後、宇野は舌を出した。「(トリプルアクセルを)跳んだ瞬間、『やばい』と思って体を強くしめた。(着氷して)気づいたら、氷がなくて……。試合だと力が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

トリプルアクセル

フィギュア 一覧

 日本スケート連盟は14日、右足関節外側靱帯を損傷した羽生結弦(ANA)から、「腱(けん)と骨にも炎症があるため、治るスピードは早くない。いつから練習を再開できるかは、まだ決まっていない」と追加の連絡 …続き (14日 16:44)

 フィギュアスケートの2014年ソチ冬季五輪男子金メダリストで、11月9日に練習で右足関節外側靱帯を損傷した羽生結弦(ANA)が14日、日本スケート連盟を通じ「腱と骨にも炎症があるため、治るスピードが …続き (14日 11:17)

 フィギュアスケートの2014年ソチ冬季五輪王者で、11月9日に練習で右足関節外側靱帯を損傷した羽生結弦(ANA)が通常の捻挫よりも長引く故障だったと13日、日本スケート連盟の小林芳子強化部長が明らか …続き (13日 20:05)

ハイライト・スポーツ

[PR]