2017年12月16日(土)

外国人入国者 最多393万人 九州1~10月

九州・沖縄
2017/12/7 21:52
保存
共有
印刷
その他

 九州運輸局は7日、2017年1~10月の九州への外国人入国者数が393万人強(10月のクルーズ船入国者数は含まず)となり、過去最高だった16年通年を上回ったと発表した。東アジアを中心に軒並み伸びているが、特に格安航空会社(LCC)を利用した韓国の伸びが目立つ。これにより入国者数は12年から6年連続の過去最高更新となり、17年通年では500万人に迫るペースとなっている。

 17年1~10月の入国者数は16年通年(372万人)を20万人上回った。10月は中国や韓国の連休で観光客が増え、クルーズ船を除く入国者が前年比35%増の28万1024人と単月として過去最高を記録した。

 最も増加が目立つのは韓国で1~9月は前年比67%増の160万人。全入国者の4割超を占めた。増加ペースは鈍っているものの、クルーズ船で寄港する中国人客も依然として高水準だ。

 九州での行き先では韓国のLCCが熊本や宮崎、鹿児島などに新規就航する例が増えており「今後、九州南部を訪れる韓国の旅行客が増えそう」(運輸局)との見方も出ている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

ローコストキャリア九州運輸局韓国東アジア



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報