千葉県内の百貨店、福袋も「体験型」重視

2017/12/7 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

千葉県内の百貨店が2018年の初売りで、購入者の参加や体験を重視した「コト消費」関連の福袋をそろえる。交流サイト(SNS)の活用や、シェフによるオリジナルケーキ製作などで、ブランド力向上や顧客の取り込みを図る。来年閉店する店では、最後の福袋に顧客への感謝の思いを込める。

そごう千葉店(千葉市)では、ツイッターのリツイート数によって内容が変わる福袋を企画。そごう千葉店の公式ツイッターをフォローし、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]