2017年12月17日(日)

北陸製作所、溶接の自動化率3割向上 人手不足で

住建・不動産
北関東・信越
2017/12/8 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 ビルなどの骨組みになる建築鉄骨を製造する北陸製作所(長岡市)は新型のロボットシステムを導入し、溶接工程の効率を高める。溶接工の不足に対応するためだ。作業の自動化率を3割高め、顧客の要望に柔軟に応じられる体制を整える。出荷製品の詳細な品質などを確かめたうえで、2年後をめどに新ロボットによる鉄骨の本格生産を始める。

 導入するのは「天づり式」と呼ぶ上から伸びるアームを使って溶接作業ができるロボットだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

ロボットロボットシステム



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報