2017年12月13日(水)

災害時のバス輸送で協定、神奈川県座間市と市内事業者

南関東・静岡
2017/12/7 22:00
保存
共有
印刷
その他

 神奈川県座間市は市内バス事業者2社と災害時の人員輸送に関する協定を結んだ。被災者の避難手段の確保や市職員・ボランティアの迅速な輸送により、災害復旧のための初動体制の強化につなげる。

 協定を締結したのは市内に本社を持つ南東京自動車と、市内に営業所がある桜交通。バスは2社の計34台のうち、市は災害時に最大10台を活用できる。300人規模の輸送手段になる。

 人員輸送に関する費用は市が負担する。これまでも燃料や食料などに関しては市内小売業者などと輸送協定を結んでいたが、人員に関しては今回が初めて。市は今後もバス事業者と同様の協定の締結を広げていく考えだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

座間市災害時バス輸送輸送市内バス桜交通



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報