/

この記事は会員限定です

ADKへのTOB、ベイン完勝の舞台裏

証券部 奥貴史、須賀恭平

[有料会員限定]

アサツーディ・ケイ(ADK)は7日、米投資ファンドのベインキャピタルによるTOB(株式公開買い付け)が成立したと発表した。ADK株を25%保有する筆頭株主の世界広告大手・英WPPがTOBに反対したため、世間の耳目を集めた今回の案件。TOB成立条件である過半数の応募が集まるかが焦点だったが、ふたを開ければ発行済み株式の87%の応募がありベインの「完勝」に終わった。その裏側には綿密に計算し尽くされた戦略があった。

「一体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2486文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン