2017年12月16日(土)

クラウドクレジット4億円調達 途上国投資ファンド拡大

スタートアップ
ネット・IT
2017/12/7 19:59
保存
共有
印刷
その他

 投資型クラウドファンディングを運営するクラウドクレジット(東京・中央、杉山智行社長)は、ベンチャーキャピタル(VC)のフェムトパートナーズ(東京・渋谷)が運営するファンドや個人投資家を引受先とする第三者割当増資で総額約4億円を調達した。クラウドクレジットは日本の個人投資家が発展途上国など海外の個人や事業者へのローンに分散投資できる金融サービスを運営する。調達資金でファンドの組成件数を増やすほか、金融エンジニアなどの人材採用を強化する。

クラウドクレジットは発展途上国などの個人や事業者へのローンに分散投資できるサービスを運営する

 クラウドクレジットは併せて電通グループとの業務提携も発表した。電通は子会社を通じてクラウドクレジットの株式を将来購入できる新株予約権を取得、ブランディングやマーケティングを支援する。

 クラウドクレジットは2013年1月の設立。14年6月にサービスを開始した。累計の資金調達額は10億円強で、伊藤忠商事やマネックスベンチャーズなどが株主に名を連ねている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報