/

この記事は会員限定です

革新機構、9年延長へ 経産省方針

[有料会員限定]

経済産業省は所管する官民ファンド、産業革新機構の運営期間を2034年3月末まで9年間延長する方針だ。機構を持ち株会社とし、投資案件を管理する部門と新しく投資を手掛ける部門を分けて傘下に入れる。海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)との統合も視野に入れて運営の効率化を狙うが、安易な延命はかえって公的資金の非効率な運用につながる恐れがある。

09年に発足した革新機構は25年3月末に業務を終える予定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り544文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン