2018年5月24日(木)

5/24 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 外為17時 円、一時109円台に上昇 独仏PMI悪化で買い
  2. 2位: IT株冷やす在庫増 相場の底流に警戒感[有料会員限定]
  3. 3位: 東証大引け 続落 朝鮮半島情勢や円高警戒
  4. 4位: トルコリラ急落 ミセスワタナベの売り、逆張りとの攻防激化[有料会員限定]
  5. 5位: 新明和、「眠れる資産」に旧村上ファンドが注目か[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,689.74 -270.60
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
22,720 -240

[PR]

業績ニュース

主要261社経常益、18年度10.1%増 QUICK調べ

2017/12/7 20:30
保存
共有
印刷
その他

 QUICK企業価値研究所は7日、主要261社(金融除く)の2018年度の経常利益が17年度予想比で10.1%増えるとの見通しを発表した。9月公表の前回予想から0.7ポイント上方修正した。半導体製造装置や車載関連の好調で、電機・精密が業績を伸ばす。鉱山機械やFA(ファクトリーオートメーション)関連など機械も成長し、製造業の増益率が目立って改善する。

 前提となる為替レートは対ユーロで円安方向に見直し、1ユーロ=128円を130円に変えた。ドルの前提は1ドル=113円のまま前回予想を据え置いた。

 業種別では全19業種で経常増益になりそうだ。製造業全体で見ると、経常増益率は10.8%で9月の前回予想から0.6ポイント改善した。非製造業の増益率は9.1%で、0.9ポイントの改善となった。

 増益率が高い主な業種は機械が16.2%で、電機・精密は12.7%だった。自動車は7.3%の増益を見込む。アジアを中心に販売台数が増加しており、原価低減も増益に寄与する。

 17年度の経常利益は前年度比14.2%増と、9月公表時から3.8ポイント上方修正した。ソニーなど4~9月期の業績が好調だった電機・精密や、世界的に需要が回復している機械がけん引する。非製造業では資源高を追い風にした商社の伸びが目立つ。想定為替レートを円安・ユーロ高方向に見直したことも寄与する。

 業種別に見ると、電力・ガスを除く18業種が経常増益になる見込み。電力・ガスは原油高による原燃料価格の上昇に加え、神戸製鋼所の検査データ改ざん問題で、原子力発電所の再稼働時期が延期となることが影響し、減益になりそうだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

関連キーワード

新着記事一覧

読まれたコラム