2018年7月16日(月)

小樽ベイ、民事再生法申請 負債280億円

2017/12/7 18:10
保存
共有
印刷
その他

 商業施設「ウイングベイ小樽」を運営する小樽ベイシティ開発(小樽市)は7日、札幌地裁に民事再生法の適用を申請し、受理された。負債総額は約280億円。5日にイオン北海道から債権を引き継いだファンドのルネッサンスキャピタル(東京・千代田)がスポンサーとなり、事前に再建シナリオのあるプレパッケージ型の破綻処理で素早い再建を目指す。

小樽ベイシティ開発が運営する北海道小樽市の大型商業施設「ウイングベイ小樽」

 小樽ベイは総合スーパーのマイカル(現イオンリテール)などの出資で1991年に設立。99年に商業施設「マイカル小樽」(現ウイングベイ小樽)を小樽市内に開業した。01年、マイカルに連鎖する形で民事再生法の適用を申請。05年に再生手続きは終了したが、一部債務は残り、支援企業を探していた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報