2017年12月16日(土)

東芝株の売買急増、パッシブ資金が流入

2017/12/7 20:30
保存
共有
印刷
その他

 7日の東京株式市場で東芝株の売買高が約2億5800万株と前日の2.6倍に急増した。5日に払い込みが完了した6000億円の第三者割当増資に伴い、7日に増資分が米MSCIが算出する株価指数に臨時で組み入れられた。指数に占める東芝株のウエートが高まったことで、指数に連動して運用するパッシブの資金が東芝株に流入したようだ。

 終値は前日比2.8%高の295円だった。格付投資情報センター(R&I)が前日、東芝の発行体格付けを「シングルB」から「シングルBプラス」に1段階引き上げたことも買い材料になった。5日の増資時の新株の発行価格(262円80銭)に比べて、東芝株は約12%高い水準にある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報