2017年12月16日(土)

棒鋼が一段高、年初比25%上昇 原料高で転嫁値上げ

環境エネ・素材
2017/12/7 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 ビルやマンションの鉄筋に使う棒鋼の価格が上昇した。棒鋼原料に使う鉄スクラップが値上がりし、電炉各社が販売価格に転嫁。需要家のゼネコンも値上げを受け入れつつあり、年初比で25%上昇した。2018年以降の都心部での大型ビル供給増などを控えて、価格が年内に一段と上昇するとの見方も出ている。

 関東地区の棒鋼の需要家渡し価格は標準品種で1トン6万6千円前後と前月比で2千円(3%)高い。値上がりは2カ月ぶり…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

価格転嫁値上げ鉄スクラップJFEスチール



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報