2018年12月12日(水)

日銀副総裁 異例の警鐘 地銀「危機の芽に」
「悩んだ」金融緩和との両立

2017/12/7 19:23
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人口減や競争激化といった構造問題が地銀の体力を奪い「従来とは異なる姿形をした金融脆弱性」になると警告した中曽宏日銀副総裁の講演が、金融界に波紋を広げている。このままでは金融システムを毀損しかねないと地銀再編を促す踏み込んだ発言があった。発言には1990年代の苦い経験と思うように進まない金融緩和政策へのいらだちがにじむ。

講演では地方では銀行の過当競争が続き、人口や企業数が減り続ける構造問題を「慢…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報