2017年12月17日(日)

血液のがん、7~9割に効果 「CAR-T」免疫細胞療法

ヘルスケア
科学&新技術
2017/12/7 19:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 米国で承認された「遺伝子改変T細胞療法」と呼ばれる新しいがんの治療法が注目を集めている。血液のがんの一種を対象にした治験では1回の点滴で7~9割の患者で体内からがん細胞がなくなり、専門家らを驚かせた。価格を約5000万円に定めたことも話題になった。効果も価格も常識破りのがん新治療は、日本でも近く実用化される見通しだ。

 米国で8月に承認されたのは、患者自身のT細胞と呼ばれる免疫細胞に、がん細胞を攻…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報