2018年10月22日(月)

群馬の伊勢崎銘仙、伝統技法市民の手で復活

コラム(地域)
2017/12/8 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

群馬県伊勢崎市を産地とし、大正時代から昭和中期まで女性の普段着として親しまれた「伊勢崎銘仙(めいせん)」。最近は洋装の普及などで見られなくなったが、復活させる運動が、市内で盛り上がっている。市民有志が市内の職人を集め、伝統技法をよみがえらせた。今夏には英国の博物館が永久保存を決めるなど、世界の注目も集めつつある。

同市の指定重要文化財、いせさき明治館。100年以上の歴史ある建物に入ると鮮やかな柄…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報