/

この記事は会員限定です

「年齢制限も選択肢」 日赤医療センター国頭英夫部長

[有料会員限定]

日本の国民皆保険制度は保険料を支払う人が少なくなって、医療費を使う人が増えている。このままいけば財源不足で破綻する危険性がある。皆保険を維持していくためにどんなことが必要なのか。日本赤十字医療センターの国頭英夫部長(56)に話を聞いた。

――日本の医療制度は存続可能なのか。

「高齢者が増え、それを支える勤労世代は減り、そもそも存続可能だと思っている人がいるのだろうか。我々は『危機』に慣れて不感症に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1158文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン