2017年12月17日(日)

患者の病状に合わせて会話、マクニカが米社製AIロボ

エレキ
2017/12/7 15:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 半導体商社大手のマクニカは米ロボットベンチャーのカタリアヘルス(カリフォルニア州)と提携し、人工知能(AI)を搭載した対話型ロボットの新事業を始める。がんや心疾患、糖尿病などで自宅療養する患者と会話しながら、病気の進行状況や治療法などを理解して最適な会話をする。マクニカは病院や薬局など向けに同ロボットやサービスを提供する新規事業を立ち上げる。

 カタリアヘルスは、米マサチューセッツ工科大学(MIT…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報