2018年10月16日(火)

10/16 12:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: オリエンタルランド、注目集まる次の値上げ[有料会員限定]
  2. 2位: 最高益でも株急落、米銀株に透ける弱気(NY特急便)[有料会員限定]
  3. 3位: 投信販売、大手銀も「脱手数料」 三菱UFJ銀など[有料会員限定]
  4. 4位: 米国株、ダウ反落し89ドル安 ハイテク株が軒並み下落 ナスダックも反落
  5. 5位: サウジ記者殺害疑惑の衝撃[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,327.36 +56.06
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,270 +80

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

岡崎良介の点と線[映像あり]

10月15日(月)14:18

官房長官 フェイスブックの情報流出「日本人も可能性」[映像あり]

経産省が小規模太陽光の規制強化 FIT認定取り消しも

10月15日(月)13:03

[PR]

ポジション・フラッシュ

フォローする

ユーロ安への警戒再燃、選挙ラッシュ大トリの行方
経済部 前田尚歩

2017/12/7 12:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

外国為替市場で、ユーロ安・円高への警戒感が急速に高まっている。不安の視線の先にあるのは「来春」だ。欧州とその通貨ユーロに関してはこれまで、ドイツの政権空白の長期化、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る交渉などの政治リスクが意識されてきた。疑心暗鬼にも似た市場参加者は、早くも次の政治イベントである来春のイタリア総選挙の動向に目を向けている。

異変が起きたのは、将来の為替相場を予測する通貨オプション市場…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

ポジション・フラッシュ 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム