/

この記事は会員限定です

「男性専用」お悩み相談 大阪府など、窓口設置増加

[有料会員限定]

男性も悩みを打ち明けて――。仕事や家庭で重圧を抱え悩む男性をサポートしようと、男性専用の電話相談窓口を設ける自治体が増えている。「同性のほうが打ち明けやすい」との要望が多く、男性相談員の育成に乗り出す例もある。男性は相談相手が少ないという国の調査結果もあり、自治体関係者は「悩みを抱え込まず気軽に話してほしい」と呼び掛けている。

「はい、男性のための電話相談です」。大阪府内のビルの一室。臨床心理士な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1009文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン