2018年5月23日(水)

5/23 7:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: スマホ決済、3メガ銀がQRコード規格統一で合意[有料会員限定]
  2. 2位: 日本株、再び為替と連動 保守的予想の銘柄は6月が底[有料会員限定]
  3. 3位: 米国株、ダウ反落し178ドル安 利益確定売り優勢、米朝首脳会談を巡る不透明感は重荷
  4. 4位: どうみるソニーの新中期計画 市場関係者に聞く[有料会員限定]
  5. 5位: 米朝会談控え株不安定 米の好景気が追い風に[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,960.34 -42.03
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
22,960 -50

[PR]

M&Aニュース

フォローする

日立、がん治療事業を三菱電から買収

2017/12/7 11:42
保存
共有
印刷
その他

 日立製作所は7日、三菱電機からがん治療システム事業を買収すると発表した。がん細胞に粒子線を照射し、がんだけを破壊する放射線治療装置の関連技術と販売権を買収する。三菱電の特許を取り込み、自社の製品開発に生かす狙いだ。買収額は明らかにしていないが、数十億円程度とみられる。欧米各国のほか、富裕層が増えるアジアでの受注拡大につなげる。

 日立と三菱電の関連事業を統合することで合意した。日立は三菱電が手がけるがん治療装置の開発と生産、販売・保守事業をすべて引き継ぐ。三菱電が神戸市に持つ拠点と約100人いる人員の合流については、今後詳細を詰める。2018年4月に新組織を立ち上げる計画だ。

 がんの粒子線治療は放射線の一種である粒子線を患部に集中照射し、がん細胞を死滅させる。従来の外科治療に比べて副作用が少ないとされ、中国や東南アジアなど新興国でも需要が急拡大している。日立は今回の買収で開発と販売を強化し、海外開拓で先行する欧米大手に対抗する。

M&AニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

新着記事一覧

読まれたコラム