2018年10月16日(火)

10/16 19:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 強気すぎたファンド勢 相場の不安定化招く[有料会員限定]
  2. 2位: アップル株高にもうひとつの理由 借金巧者に高評価[有料会員限定]
  3. 3位: TKP社長、大塚家具へ追加出資を否定 「事業提携で支援」[有料会員限定]
  4. 4位: 東証大引け 反発で高値引け 短期戻り狙いの買い
  5. 5位: ワタンコさんのハイブリッド運用(投信ブロガー)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,549.24 +277.94
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,420 +230

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

スペシャルトーク[映像あり]

みずほ証券 三浦 豊

10月16日(火)14:19

9月の訪日客 5年8ヵ月ぶりに減少[映像あり]

世界の海外直接投資が前年比4割減 18年上期

10月16日(火)13:05

[PR]

主要企業ニュース

フォローする

シャープ、東証1部に復帰 1年4カ月ぶり

2017/12/7 9:22 (2017/12/7 12:59更新)
保存
共有
印刷
その他

シャープの株式が7日、東京証券取引所第2部から同1部に市場変更された。1部復帰は約1年4カ月ぶり。取引開始直後に前日比20円高の3905円で復帰後最初の売買が成立した。経営危機からの本格復活に向け、また一歩前進した。

セレモニーで打鐘するシャープの戴社長(7日、東証)

セレモニーで打鐘するシャープの戴社長(7日、東証)

シャープは今年6月に1部復帰を申請、11月末に東証から承認されていた。午前11時半すぎから東証で記者会見した戴正呉社長は「1部復帰の目標をようやく果たせた」と株主や関係者に謝意を示した。復帰の意義については「会社の信用や将来にとって重要で、人材の募集でも影響が全く違う」と説明した。

シャープは主力の液晶パネル事業などの不振で2016年3月末に債務超過に転落、同8月に1部から2部に「降格」した。その後、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業グループの出資を受け、日本の電機大手で初めてアジア企業の傘下に入った。

ほぼ同時に鴻海出身の戴氏が社長に就き、コスト削減や液晶パネルなどの販売拡大を主導、急ピッチで業績を改善させてきた。18年3月期の最終損益は4年ぶりに黒字転換する見込みだ。

今後、シャープは超高精細の8K映像技術などを中長期の成長分野に据えて復活を期す。戴社長の口癖「有言実行」が一層求められることになる。

主要企業ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

主要企業ニュース 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム