2017年12月17日(日)

石川県、宮城県と観光連携強化 直通新幹線の定着へ

北海道・東北
北陸
2017/12/7 1:31
保存
共有
印刷
その他

 石川県は観光振興で宮城県との連携を強化する。両県の関連部局や観光協会を加えた連携会議を創設し、互いの観光地への相互誘客で協力を深める。交流人口の拡大で実績を積み上げ、金沢と仙台を結ぶ直通新幹線の運行定着につなげる。

 「石川・宮城観光連携推進会議」を立ち上げ、19日に石川県庁で初会合を開く。直通新幹線は旅行会社が販売する旅行プランの利用者専用で、JR西日本JR東日本が運行。2016年秋に仙台発着で1往復、今年は仙台と金沢双方を発着する新幹線が1往復ずつ運行された。

 連携強化で互いの県の観光資源をPRするなどして観光客の往来を増やし、JR西とJR東に直通新幹線の運行恒例化を働き掛ける。JR西は来年の継続運行に前向きな姿勢を示している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報