2018年8月20日(月)

福鉄とバス 「イコカ」検討 福井県6市町、交通網5カ年計画案

2017/12/7 1:31
保存
共有
印刷
その他

 福井市や福井県越前市など県内6市町は6日、福井鉄道(福鉄、越前市)を中心とした2018年度から5年の地域公共交通網形成計画案をまとめた。福鉄と周辺のバスでJR西日本のIC乗車券「ICOCA(イコカ)」の導入を検討するほか、越前武生駅(越前市)から南への延伸を模索する。利便性の向上を通じて利用客の拡大につなげる。

 JR西日本が18年夏にJR北陸線の福井県内の区間にイコカを導入すると、北陸3県の主要路線に利用エリアが拡大する。福鉄や周辺のバスも使えるようになればJRとの乗り継ぎがしやすくなる。22年度末の北陸新幹線の敦賀開業をにらみ、導入時期など精査する。

 福鉄は福井、鯖江、越前の3市をつなぎ、越前武生駅は南側の終点だ。ただ、JR武生駅から約300メートル離れており、乗り換えには不便だ。福鉄の線路を延伸し、一体的な駅にできるかどうかを研究する。

 同計画案では、パークアンドライドの駐車場の整備、福鉄とバスとの乗り継ぎ割引の検討なども盛り込んだ。福鉄と周辺のバスを合わせた年間利用者数を現状の680万人から22年度に698万人に引き上げる考えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報