/

この記事は会員限定です

認知症でもできること 達成感が自立を後押し

砂上の安心網 ルポ・2030年へ

[有料会員限定]

2030年には65歳以上の高齢者の2割以上を認知症の人が占める見通しだ。私たちにとって、認知症は一段と身近なものになっていく。支えられる側とみられがちな人たちも、日々の暮らしのなかでそれぞれの役割を探している。

家にいるよりも

「車に水をかけていきますね」。東京都町田市にある自動車の販売代理店を訪ねると、高齢の男女5人が代理店の店先に並ぶ新車の洗車に精を出していた。5人は認知症の人が通うデイサービス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り923文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン