2017年12月17日(日)

サイバー犯罪防止で初協定 警視庁と仮想通貨取引所

社会
2017/12/6 20:18
保存
共有
印刷
その他

 匿名性が高いとされる仮想通貨がサイバー犯罪に悪用されるのを防ごうと、仮想通貨取引所の運営会社10社と警視庁は6日、情報共有を進める協定を結んだ。同庁によると、こうした協定は全国初。

情報共有を進め、急増する仮想通貨を巡る犯罪に対応する(東京・千代田)

 協定には、取引所が利用者らによるサイバー犯罪を把握した場合に警視庁に通報し、捜査に必要な情報を提供することを盛り込んだ。同庁は取引所が犯罪に悪用されないよう、被害防止策でも協力する。

 同庁などによると、取引所のシステム上にある利用者の口座に不正アクセスして仮想通貨を盗む被害が急増している。協定を結んだ大手取引所幹部は「仮想通貨は価格が上昇し、使える店も増えている。協定を機に犯罪防止に改めて全力で取り組む」と話していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

警視庁仮想通貨サイバー犯罪犯罪



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報