2019年7月18日(木)

「ヘルプマーク」愛知県でも配布へ 大村知事表明

2017/12/6 19:30
保存
共有
印刷
その他

愛知県の大村秀章知事は6日、見た目では分かりにくい病気や障害を周囲に知らせる「ヘルプマーク」を県内で配布し、普及させていく考えを明らかにした。県議会の一般質問で答弁した。

「ヘルプマーク」はバッグなどに付けて使う(6日、名古屋市中区)

マークは赤地に白色の十字とハート形のデザインで、2012年に東京都が考案した。裏に連絡先や必要な支援などが書き込める。17年11月末時点で岐阜県など全国13都道府県で配られている。

愛知県は今後、ポスターなどで県民に周知し、市町村に配布を促す。マークの普及活動に取り組む小崎麻莉絵さん(34)は県議会の傍聴後、「健康な方が手を差し伸べやすくなるよう、普及が進んでほしい」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。