/

この記事は会員限定です

外債の為替ヘッジ、三菱UFJ信託が代行 地銀や生保に提供

[有料会員限定]

三菱UFJ信託銀行は年内にも地銀や生損保向けに、為替変動リスクを避ける「為替ヘッジ」のサービスの提供を始める。マイナス金利政策で運用が難しくなっていることから、外債などへの投資に伴う為替ヘッジの需要が増えていることに対応する。

為替ヘッジは、米国債など外貨建て資産に投資する際に金融機関が利用することが多い。だが期日の管理など人手が必要で作業が煩雑なため、地銀などではコスト負担が課題となっていた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り275文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン