/

この記事は会員限定です

社会保障を身近に、教育現場の試行錯誤

砂上の安心網 2030年への責任

[有料会員限定]

年金や医療保険など複雑化した社会保障制度について将来を担う若い世代の関心、理解をいかに深めるのか。学校教育の現場では、教科書の内容だけにとらわれない授業を模索する動きが広がってきた。選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことを受けて、主権者教育として社会保障教育を充実させる学校も増えている。

「命は必ず始まりと終わりがある。がんという病気はみんなが治るわけではありません」。7月、東京都文京区の小学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1646文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン