/

この記事は会員限定です

ゲノム編集で発症リスクも低減

ポスト平成の未来学

[有料会員限定]

人類は長い間、生と死が隣り合わせだった。ウイルスや細菌による爆発的な感染が起こり、多くの人が亡くなる事態を繰り返してきた。20世紀に入り、抗生物質などの開発や様々な医療技術が発展。感染症の脅威が下がり、人々が長生きできるようになった。そこで大きな脅威になったのががんだ。がんは細胞の老化といえる病気で、長生きすれば多くの人が発症する。

がんはいまや日本人の死因トップだ。男性の約3人に2人、女性の約2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り958文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン