/

この記事は会員限定です

会社員の増税、年収800万円超で決着 政府・与党

(更新) [有料会員限定]

2018年度税制改正で焦点となっていた所得税改革は6日、年収が800万円を超える会社員を増税とすることで決着した。政府・与党は現在の控除制度を見直し、会社員向けの給与所得控除は一律で10万円減額し、年収800万円で上限を設ける。誰でも使える基礎控除は10万円増やす。これにより税収は差し引き1千億円程度増えるようにする方針だ。

14日にまとめる与党税制改正大綱に盛り込み、20年1月から実施する。所得...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1004文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン