アイカムス・ラボなど、バランス調整装置小型化

2017/12/5 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

精密機器のアイカムス・ラボ(盛岡市)は回転する研削工具のバランス調整装置の小型化に成功した。精密計測機器などを製造する大宮工業(広島県福山市)との共同開発。主軸(スピンドル)内部に搭載する形式で、直径32ミリメートルは国内最小という。小型化が進む工作機械の需要増に対応した。研削盤メーカーなどに売り込む。

回転研削工具の砥石は質量の偏在などにより、高速回転時に振動が発生し加工面の精度が落ちる。これ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]