/

半導体リストラ技術者集め世界へ コネクテックジャパン

宿泊荷物を積んだ車で全国を回る日々を創業から8年間続ける。「取引先の途中に訪問したい会社が多数あるから車が便利」。コネクテックジャパン社長(新潟県妙高市)の平田勝則氏(53)は、よく響く声で話す。知識ゼロで半導体の世界に飛び込み約30年。低温実装やデスクトップサイズの製造システムで注目を集める。小説「下町ロケット」が起業の原点だ。

「下町ロケット」に涙して

全国の取引先回りや海外出張で自宅に帰るのは年間で数日だけ、という平田社長

東京・西新宿に育ち、父はプロボクサーだった。小学2年生で親戚がいる新潟へ。「将来は商社マン」の夢を抱いたが、家庭の事情で大学進学を断念。富山の医薬品商社で働き始めた。

それでも「世界に出たい」思いは募り、松下電子工業(現パナソニック)の新井工場(妙高市)が開設されると「半導体で世界を目指せる」と入社した。知識も経験もなかったが、エリア採用の現場作業員から実績を積み、大阪本社の管理職になった。米シリコンバレーを頻繁に訪問。数千億円規模の新事業にも携わり、40代半ばまで仕事が楽しかった。

だが2008年9月のリーマン・ショックで半導体の業況が悪化。人員削減に反対の平田氏も最終的に「リストラの片棒を担ぐ」ことになった。組織のためとわかっても次第に疲弊していった。

週刊誌で下町ロケットの連載が始まったのはそんな時期だった。経営者が社員と奮闘する姿に「やはり人が大切」と共感。リストラ業務が一段落したころ、連載が近く終了と知り、「最終回は今の立場を離れて読みたい」と退社を決めた。

改めて世界を見ようと訪れた米西海岸には、下町ロケットの最終回が載った週刊誌を未開封のまま持参。シリコンバレーに向かう途中、野球場の裏に車を止めて読んだ。愚直にものづくりに取り組む登場人物たちの姿に涙が流れた。「もう一度勝負しよう」。起業を決意した。

4カ月で地球を7周回り、世界中の技術者と対話した。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の原型の開発が始まり、同世代の技術者は沸き立っていた。その姿から勇気を得た平田氏は帰国後、国内の技術者と会い、日本のものづくりの強さを確信。「戦える」と判断して09年11月、妙高市で創業した。

新潟・上越地方から長野に続くエリアは半導体の後工程の材料、設備など約2000社が集積する。「グローバルに向かうローカルの強さ」が創業の地の決め手になった。かつて半導体工場で働いた多くの仲間が技術を生かせず別の職場で働く姿に「地域発で日本を変えたい」とも思った。

小型実装システムに世界が注目

大規模なクリーンルームが不要なコンパクトな半導体の実装ラインを開発し、注目を集めている

目指す道は決まっていた。半導体のチップ製造は巨大投資が必要で参入が難しい。一方、チップの基板実装には可能性があるとみた。IoTに向けてチップは高密度化が進む分、もろく弱くなるが、実装は高温、高圧の加工原理のまま。「低温、低加重の実装ならいける」と判断した。

問題は手段。異業種からヒントを探し、たどり着いたのが美術印刷。高精度の印刷と半導体実装に共通点があると気づいた。かつての取引先から施設を借り、2万通りのテスト。資金に苦労しながらも前に進んだ。

低温化、低加重化で工程数が34から3に減った結果、広さが従来の5700分の1、設備額が40分の1という実装システムが16年に完成した。デスクトップサイズのため大がかりなクリーンルームが不要だ。設備切り替えも容易で、多品種の製造や注文数の変動にも柔軟に対応できる。

海外からも注目を集め約100社の受託開発などを手がける。33人の社員はソニー東芝など大手をリストラされた技術者が多く、45~55歳が8割を占める。3年後に1000社とのパートナーシップを目指す。

近く半導体を従来より低温の80度で実装する技術を発表する予定で、平田氏は「例えばファストファッションのフリースに半導体チップを直接つければ、IoTに役立つ」と意気込む。

下町ロケットとは意外な形で「再会」する。15年秋に取引先内に作った開発拠点がテレビドラマ化でロケ地になった。撮影用に装置を提供し、社員は操作をアドバイス。世界に挑む活力を再びもらえた気がした。

創業から車で走った距離は地球12周の48万キロ。年340日をビジネスホテルに宿泊し、自宅に帰るのは数日だけ。今年、50代にして若手経営者イベントのプレゼン大会で優勝した。20年の株式公開を目指す。

(企業報道部 中沢康彦)

[日経産業新聞 2017年12月6日付]

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン