2018年12月11日(火)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,999,954億円
  • 東証2部 80,225億円
  • ジャスダック 91,468億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.17倍 --
株価収益率13.30倍13.42倍
株式益回り7.51%7.44%
配当利回り1.84% 1.92%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,100.30 -119.20
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,100 -40

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

岡崎良介の点と線[映像あり]

12月10日(月)14:18

官房長官「特定企業排除せず」 通信機器調達で[映像あり]

通信機器巡る日本の指針 中国が非難

12月10日(月)13:01

[PR]

マーケット反射鏡

フォローする

足踏み続く株式相場 「12月株高」の条件は
編集委員 前田昌孝

2017/12/6 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京株式相場が高値圏で足踏みしている。5日は前日の米ナスダック総合指数の下落を受けてハイテク株が売られた。米国の政治リスクや北朝鮮の地政学リスクを警戒する声も出ていた。一方で金融株や建設株、鉄鋼株が高くなり、日経平均株価の続落をよそに、東証株価指数(TOPIX)は0.23%上昇した。投資家の押し目買い意欲の強さが株価の下支え要因になった。年内に米国で30年ぶりの大型税制改革が実現するかどうか、期…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

マーケット反射鏡 一覧

フォローする

読まれたコラム