/

この記事は会員限定です

記者は歩き、そして考えた… 社会保障の現場から

砂上の安心網 2030年への責任

[有料会員限定]

社会保障をテーマにした企画「砂上の安心網」は医療や介護、年金、働き方など内外の現場を歩くことで課題や解決の糸口を探ってきた。2016年12月に第1部の連載がスタートして以来、今回の第7部までに掲載した記事は100本を超える。最前線を歩いた記者が現場で感じたこと、考えたことをまとめた。

◆秋田の老人ホームで感じた「自立後」の大切さ

今年4月、秋田県八峰町の特別養護老人ホーム「海光苑」を訪れた。政府が推...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5962文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン