2018年9月19日(水)

9/19 18:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 日本株、米中摩擦で浮かび上がる優位性[有料会員限定]
  2. 2位: 世界マネー、日本株にシフトか 米FANG株安で再評価[有料会員限定]
  3. 3位: 東証14時 引き続き高い、週後半の重要イベント前に買い控えも
  4. 4位: 米中貿易戦争でも株高のなぜ[有料会員限定]
  5. 5位: 東証大引け 続伸し8カ月ぶり高値 海外勢の買い継続、中国関連にも見直し
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,721,921億円
  • 東証2部 98,448億円
  • ジャスダック 102,045億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.34倍 --
株価収益率14.91倍15.17倍
株式益回り6.70%6.58%
配当利回り1.64% 1.68%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,672.52 +251.98
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,520 +240

[PR]

スクランブル

フォローする

「株主優待巧者」に個人殺到 株価、実力と乖離も
編集委員 松崎雄典

2017/12/5 22:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 株式相場の上値は重く、個人投資家の目は個別材料に向きやすい。株主優待もその一つ。札証アンビシャス上場のRIZAPグループは買収戦略と優待で投資家をひき付け、時価総額は7000億円と新興市場の首位になった。日本市場では世界でも珍しい優待の人気が高まる一方だが、株価を実力から乖離(かいり)させる副作用もある。

 5日の株式市場ではRIZAP傘下で衣料専門店のジーンズメイト株が乱高下した。前日までの4営…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム