2017年12月12日(火)

ボール任せ 風任せ

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ゴルフは「見て楽しむスポーツ」になるのか
ゴルフジャーナリスト 地平達郎

(1/2ページ)
2017/12/7 6:30
保存
共有
印刷
その他

 ゴルフの2017年国内男子、女子ツアーの全日程が終了した。獲得賞金で男子が宮里優作、女子は鈴木愛とそろって日本人選手がトップの座に着き、まずはひと安心。とはいえ、ファンの関心は米ツアーの松山英樹に集まった1年だった。

 その松山が日本で1試合だけ、11月のダンロップフェニックスに出場した。4位に終わったものの、見せ場はつくった。最終日の3番でホールインワンをやってのけたのだ。日米ツアーで自己初の快挙に一瞬ポカーンとした表情をみせたが、周囲が驚いたのはその後だった。

8番アイアンで180ヤードとは…

ダンロップフェニックス最終日、3番でホールインワンを決め喜ぶ松山(中央)=共同

ダンロップフェニックス最終日、3番でホールインワンを決め喜ぶ松山(中央)=共同

 なんと、180ヤードを8番アイアン!

 クラブやボールの性能は日進月歩。さらにプロはウエートトレーニングなどで普段から体を鍛えているから、ボールの飛距離は飛躍的に向上している。それにしても、180ヤードを8番アイアンで打つとは……。

 第2次ゴルフブームといわれた約40年前。180ヤードといえばプロでも5番か6番だった。一方、アマチュアも4番か5番と、それほど極端な差はなかった。しかしその後の用具の進化でプロの飛距離がどんどん伸びていくのに対し、アマは置いていかれている。多くの人が体力や筋力などの問題で、性能を生かしきれないのが原因の一つだとされる。

 日本でも米国でも、ゴルフ人口の中心年齢層は今も、第2次世界大戦直後に生まれた「団塊の世代」「ベビーブーマー」たちである。だが、何年か後にはこの世代もクラブを置くことになり、実際に競技人口は減少している。若い人たちにゴルフをやってもらうことが最大の課題であり、ゴルフの危機だともいわれている。

 そんな中で、松山の180ヤード・8番アイアンは、行く先に不安を感じる象徴のように思われてならない。

 ゴルフは野球やサッカー、テニスなどと違って、スコアはもちろん、使うクラブやボールの飛距離など、数字に表れて比較することが多い。「そんなことは二の次」と悟りを開くのは容易ではない。むしろ、それがあるからこそ、1ヤードでも遠くに飛ばそうと練習場に通い、次のラウンドに思いをはせる。

 しかし、180ヤードを8番で打たれては、一般ゴルファーには異次元の話になってしまう。ほとんどの人が、180ヤードならユーティリティーか下手をすればフェアウエーウッドが必要になり、8番アイアンは130~140ヤードが精いっぱい。同じ「ゴルフ」でくくれはするが、もはやプロの選手とは別のスポーツと考える以外にない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ゴルフコラム

スコアアップヘ

ボール任せ 風任せ 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ゴルフもプロのすごいプレーを「見て楽しむだけで十分」なスポーツになってしまう危険性がある

 ゴルフの2017年国内男子、女子ツアーの全日程が終了した。獲得賞金で男子が宮里優作、女子は鈴木愛とそろって日本人選手がトップの座に着き、まずはひと安心。とはいえ、ファンの関心は米ツアーの松山英樹に集 …続き (12/7)

樋口久子・三菱電機レディースの会場内に設けられた樋口の功績を紹介するボード

 史上初めて2試合続けて降雨によるコンディション不良で最終日が中止になった女子ゴルフツアー。2試合目の「樋口久子・三菱電機レディース」で、天気に気をもみつつ、日本女子プロゴルフ協会相談役の樋口久子はク …続き (11/2)

「帝王」ニクラウス(右)を前にしても、自分を貫き通した=牧野泰撮影

 米男子ゴルフツアーの2017~18年シーズンが10月に開幕。国内ツアーも終盤のビッグトーナメントが目白押しで、楽しみな季節がやってきた。
 テレビや雑誌などでプロのプレーを眺めるだけではなく、われわれ …続き (10/5)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]