/

この記事は会員限定です

新興企業の17年度純利益は12%増、5年連続増

[有料会員限定]

東証マザーズなど新興企業向け市場に上場する企業の2017年度は、純利益の合計が前年度比12%増える見通しだ。5年連続の増益で、利益額は5年前の2倍になる。ロボットやバイオ・医薬の新たな需要をとらえた企業が好調だ。構造改革やヒット商品で復調する企業も目立つ。

新興5市場(マザーズ、東証ジャスダック、札証アンビシャス、名証セントレックス、福証Qボード)に上場し、08年度から継続比較できる673社(金融...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り820文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン