ASEAN議長国、2018年も苦難の道 シンガポール

2017/12/5 16:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シンガポール=中野貴司】シンガポールのビビアン・バラクリシュナン外相は5日、「南シナ海は自由貿易の大動脈で、自由貿易の確保はアジアの経済発展に欠かせない」と述べた。2018年の東南アジア諸国連合(ASEAN)の議長国として、南シナ海問題の平和的な解決を目指す考えを示した。ただ、ASEAN内の意見をまとめた上で、中国との交渉を進めるのは容易ではなく、17年の議長国のフィリピンと同様、難しいかじ取…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]