/

この記事は会員限定です

「EVシフトでCO2は減らない」東大名誉教授が試算

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

英国やフランスが内燃機関だけを動力とする自動車の販売を2040年までに禁止する方針を打ち出した。地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)排出の削減が狙いで、電気自動車(EV)に転換する。世界最大の自動車市場を抱える中国も追随する動きをみせる。こうした動きに対し「CO2削減にはつながらない」と御園生誠・東京大学名誉教授は警鐘を鳴らす。

クルマ製造時のエネルギー消費を加味して試算

――EVシフトと呼ばれる潮流をどうみますか。

「今の技術で電気自...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2352文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン