秘密主義を捨てたアップル AI研究、異例の公開

2017/12/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

内部の動きを明かさない秘密主義――。そんな米アップルが「オープン」へと変わり始めた。著名な人工知能(AI)イベントで講演するなど、コミュニティーとの関わりを強めている。

■前回は発表を聞くだけ

アップル本社で開催されたAIシンポジウム「BayLearn 2017」(2017年10月19日)は、AI研究でアップルがかつての秘密主義を捨て、オープンになったことを象徴するイベントだった。

BayLear…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]