/

この記事は会員限定です

秘密主義を捨てたアップル AI研究、異例の公開

[有料会員限定]
日経コンピュータ

内部の動きを明かさない秘密主義――。そんな米アップルが「オープン」へと変わり始めた。著名な人工知能(AI)イベントで講演するなど、コミュニティーとの関わりを強めている。

前回は発表を聞くだけ

アップル本社で開催されたAIシンポジウム「BayLearn 2017」(2017年10月19日)は、AI研究でアップルがかつての秘密主義を捨て、オープンになったことを象徴するイベントだった。

BayLearnはシリコンバレー周辺の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1278文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン