2017年12月17日(日)

後発薬の服用データ提供 卸の榎本薬品、医師説明に活用

関西
2017/12/4 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 後発医薬品卸の榎本薬品(大阪府吹田市)は後発薬を患者が服用した後に感じた効果や副作用、飲みやすさなどの情報を収集・分析する。処方した医師や薬剤師に毎月アンケートし、後発薬ごとに分析してフィードバックする。同社が扱う後発薬メーカー30社の約1300品目が対象。医師らがデータに基づいて患者に説明できる環境を整え、利用増を後押しする。

 患者が医薬品を服用した後の効果や副作用といった情報は新薬メーカーは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報