2017年12月18日(月)

無人ロボが野菜作り AI進化、クボタが実験
未来農業(上)

ネット・IT
自動車・機械
2017/12/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 無人のトラクターが田畑を走り回り、ロボットが工場で野菜を育てる――。そんな夢のような農業の実現が目前に迫っている。起爆剤は人工知能(AI)やIT(情報技術)の進化。産業界を覆う技術革新の波が未来の農業をつくる。

 札幌市の東方にある田園地帯の北海道南幌町。稲穂が黄金色に実った田んぼの中を、運転席に人がいないコンバインが疾走する。人の代わりに機械を“運転”するのは全地球測位システム(GPS)。クボタ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報