/

この記事は会員限定です

制度改革実るか 持続可能な医療、正念場

砂上の安心網 2030年への責任

[有料会員限定]

「惑星直列」「当たり年」。医療政策の関係者は2018年度をこう呼ぶ。2年周期の診療報酬と3年周期の介護報酬の"ダブル改定"があるほか、医療費適正化に向けて都道府県が策定した「地域医療構想」も本格的に始まるからだ。国民健康保険の運営を市町村から都道府県に移し、財政基盤を安定させる改革も来年4月がスタートだ。

健康保険組合連合会の推計では、給付費ベースの医療費は急速な高齢化で25年度に57兆円に達し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り563文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン