2019年8月20日(火)

医療費抑えるには 救命医療に重点配分
砂上の安心網 2030年への責任

2017/12/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界の皆保険の中でも最も優れているとされる日本の国民皆保険制度。今後は高齢化と人口減少で保険料を支払う人が少なくなり、医療費を使う人が増える。財源不足で破綻の危険もある。皆保険を維持していくために何が必要なのか。

中央社会保険医療協議会(中医協)で中立的な立場を担う公益委員を今年3月まで務めた慶応義塾大学の印南一路教授は「皆保険の目的は命を守ること。命を救う医療に重点を置いていく必要がある」と話…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。