飛騨信組、電子地域通貨のサービス開始 100店舗で

2017/12/4 21:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

飛騨信用組合は4日、電子地域通貨「さるぼぼコイン」のサービスを開始した。岐阜県の高山、飛騨の2市と白川村の飲食店やスーパー、タクシー会社など約100店舗で始め、普及拡大を目指す。スマートフォン(スマホ)のアプリを活用した決済手段を浸透させ、地域活性化につなげる。

同日、高山市内の加盟店ではアプリを通じて支払いをする人の姿がみられた。小売店を経営する坂本大作さん(56)は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]