オリンパス 検体採取用の針、容量増加

2017/12/4 17:14
保存
共有
印刷
その他

オリンパスは4日、生体検査用に肺組織を採取する生検針で、採取できる容量を増やした新製品「ヴィジ・ショット・ツー フレックス」を発売した。組織をためる針の内側の表面積を従来比1.8倍に広げた。

特定のがん細胞をピンポイントで攻撃する分子標的薬治療などで遺伝子検査の機会が増えており、多くの検体を傷つけずに採取する需要が高まっ…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]